Stripe Invlid API Key provided: LaravelでSTRIPEキーが読み込めない時の3つの対策

Laravel上の決済機能
スポンサーリンク

STRIPEのAPIキーが、Laravelで読み込めない時に、このエラーがでます。

トラブルの原因と状況によって、対策が異なります。

3つの対策を紹介するので、状況にあった方法をお試しください。

スポンサーリンク

Stripe Invlid API Key provided: LaravelでAPIキーが読み込めない時の3つの対策

① STRIPEのキーを確認する

まずはblade.phpファイルで直接、APIキーを読み込んでみましょう。

これで ソースファイルをチェックして、APIキーが正しく表示されていればOK。

ここで間違えていたら、APIキーそのものがあっていない可能性があります。

Stripeにログインして、APIキーを正しくコピーできているか、ご確認ください。

APIキーは、左側の 開発者/API より取得できます。

なお、テスト用と本番用では、APIキーが異なります。

本番環境も開設している場合は、ご利用になるほうを正しくコピペできているか、チェックしてみてください。

② 設定方法を確認する

もし無事に値が取れているようなら、設定のどこかで、入力ミスがある可能性があります。

APIキーの入力は次の3ステップとなります。

設定の仕方や、設定値が間違っていないか、チェックしてみてください。

ステップ1:.envファイルに入力

APIキーは、Laravelの.envファイルに入れます。

.env へSTRIPE APIキー入力例

ステップ2:configへ入力

この値を app/config の services.php に追加します。

config から .envのSTRIPE APIキーを呼び出す

ステップ3:blade.phpへ入力

最後に、configヘルパ関数を使って、blade.phpファイルでキーを呼び出します。

<script></script>内に入れるなら、下記のように入力します。


configのあとは、まずファイル名をいれ、そのあとに設定値をいれます。

じゅんこ
じゅんこ

変数名やファイル名はお好きに設定してください。

上記は一例になります。

③ キャッシュをクリアする

①でも②でもダメなら、キャッシュクリアという方法があります。

下記のコマンドをお試しください。

アプリケーションのキャッシュクリア

設定ファイルのキャッシュクリア

設定情報の統合

なお、config:cache を行うと、.envから直接キーを読み込んでいる部分が無効になってしまいます。

ご利用前には、ご注意ください。

「なんのこと?」と思ったら、キャッシュ前に、こちらの記事をどうぞ。

トラブルの解決を願っております!

Laravel上の決済機能

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました