Laravelの決済機能はPaypalとStripeのどちらを選ぶべきか

Laravel上の決済機能
スポンサーリンク

Laravelで作成したアプリに決済機能をつける際、PaypalとStripeのどちらがよいか。

3つのポイント別に、PaypalとStripeの比較をしていきますね。

スポンサーリンク

Laravelの決済機能はPaypalとStripeのどちらを選ぶべきか

まずは比較表はこちら。

決済手数料 マーケットシェア Laravelとの連携資料
Papal
Stripe

PaypalとStripeの決済手数料比較

PaypalとStripeの決済手数料はこちら。

月間売上高 Paypal(ビジネスアカウント) Stripe
30万円以下 3.6% + 40円 /件(標準レート) 一律3.6%
30~100万円 3.4% + 40円 /件

共に月額固定費などはなし。

どちらも同じ程度ながら、30万円以下なら、Stripeのほうがややお得ですね。

PaypalとStripeのマーケットシェア比較

アメリカのDatanyze社というデータ提供会社の調査結果によると、2020年11月のマーケットシェアは下記のとおり。

過去4年間のうちにPaypalとStripeを導入したウェブサイトと、やめたウェブサイトの数はこちら。

搭載したサイト数 搭載をやめたサイト数 変化
PayPal 11,899 15,093 -3,194
Stripe 5,033 4,778 255

*参考サイト:datanyze.com

Paypalを採用するサイトのほうが多いものの、Paypalは導入するサイトより、やめるサイトのほうが多い模様。

このままの状況が続けば、シェアはどんどん減っていくのでは、と予想されます。

とはいえ、現状はやっぱりPaypalのシェアが高いですね。

PaypalとStripeのLaravelの連携に関する参考資料比較

PaypalとLaravelの連携ですが、Laravel8の公式マニュアルにも、特に記載は見当たりませんでした。

一方、LaravelとStripeは相性がよく、Laravelの公式ファイルにもStripeについて掲載があり

結構ざっくりしているので、これで万全とはいえないですが。

ただ、こういった状況から、Laravelとの連携に関する資料は、Stripeにやや利があるように思います。

ちなみにStripeは日本の三井住友カードと資本業務提携しているようで、今後、日本でさらに広がっていくと予想されます。

結論と補足注意点

今回のまとめ

  • PaypalとStripeの手数料はほぼ同じ
  • 現時点ではPaypalのほうがマーケットシェアが多い
  • Laravelの公式マニュアルには、Stripeとの連携に関するものがある

Laravelアプリで使う決済機能としては、Stripeのほうがやや良い感じです。

とはいえ、シェアはまだペイパルのほうが多く、知名度も高い。

なお、どちらと連携させるにしても、それなりに面倒はあります。

ブログや動画などでも解説がありますが、残念ながら、数年前の方法は通用しないことも結構あります。

わたし自身、身をもって経験しました^^;

メンドウな連携についても、また別記事にしていきますね。

Laravel上の決済機能

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました