LaravelでVisual Studio Codeを使う時に入れておきたい拡張機能3選

Laravel 入門講座
スポンサーリンク

Laravelで使用する時に便利な Visual Studio Codeの拡張機能を3個 紹介します。

環境をバッチリ整えて、Laravelのプロジェクトを効率的にすすめましょう。

おすすめ順に説明していきますね。

スポンサーリンク

LaravelでVisual Studio Codeを使う時に入れておきたい拡張機能3選

拡張機能 おすすめ度 機能概要
Laravel Blade Snippets ★★★ blade.phpのコードに色付け
Laravel goto view ★★ コントローラーからビューファイルを開く
Laravel Artisan vs codeのコマンド上でphp artisan の命令が可能に

Laravel Blade Snippets ★★★

デフォルトのままでは、blade.phpファイルにはvs code上でタグに色がつきません。

これは、非常に不便。

Laravel Blade Snippets を入れると、blade.phpファイルでも、タグが色付きで表示できます。

Laravel goto view ★★

Laravelのコントローラーファイルとビューファイルの場所って、結構離れていて不便ですよね。

この拡張機能を入れると、コントローラーファイルから直接、ビューファイルを開けます。

下記が実際のコントローラーファイルです。

return view の部分にカーソルを合わせると、関連するビューファイルが表示されます。

Ctrlキー+クリックで、ビューファイルを開けます。

Laravel Artisan ★

vs codeのコマンドラインから、php artisan のコマンドを実行できるようになります。

F1キーを押すと、vs codeの上部にコマンドを入力するバーが出てきます。

ここにphp artisan のコマンドを入力します。

【php artisan make:model】であれば、【make model】でOK。

わたしが気に入っているのは、ルート設定一覧を表示する機能。

通常は、下記のようにコマンドを入力して、ルート設定の一覧を表示させます。

ただ、表示結果はイマイチ美しくありません^^;

Laravel Artisanインストール後、F1キーを押し、コマンドラインに make lit と入力します。

すると、リンク付きのなかなか美しいリストが表示されます。

Laravel Artisan は絶対必須ではありませんが、コマンドによっては便利かなと思います。

また便利そうなものがあれば、紹介していきますね。

なお、vs codeのインストール・初期設定はこれから、という場合は、こちらの記事も参考にしてください。

Laravel 入門講座

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中!
会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

【個別サポート実施中】

「本ブログに記載の方法を試してみたけれど、うまくいかない」「コードを見てほしい」という方のために、有償でメールサポートいたします。以下のボタンをクリックして相談フォームにアクセスして下さい。

詳しく見る

Twitter始めました。
スポンサーリンク
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました