Laravel9はPHP8が必要:エックスサーバーでPHPバージョンを上げる方法

Laravelデプロイ

Laravel9では、PHP8以上が必要です。

Laravel9を使うために、PHPバージョンを上げる必要がある方も、多いかと思います。

エックスサーバーでのPHPのバージョンを上げる方法を解説します。

Junko
Junko

設定は2か所あります。忘れずに、両方上げておきましょう。

Laravel9はPHP8が必要:エックスサーバーでPHPバージョンを上げる方法

まずは、エックスサーバーにSSHでアクセスしたときのPHPバージョンを上げる方法を説明していきますね。これは php artisan コマンドを打つ時に必要になります。

エックスサーバーにSSHでアクセスしたときのPHPバージョンを上げる方法

①PHPバージョンチェック

まず、現在のPHPバージョンを確認しておきましょう。

下記を実行します。

わたしの場合は、php 7.3.16 でした。

②binディレクトリへ移動

SSHログイン後、binディレクトリに進みます。

ls コマンドを実行すると、ここにPHPファイルがあることが分かります。

現在、このPHPは、/opt/php-7.3.16/bin/php とつながっています。

そのため、わたしの環境では、普通にコマンドを実行すると、php 7.3.16 が使われます。

普段使うphpのバージョンを7.3.16からに変えたいときには、このbin ディレクトリがつながる場所を変えていきます。

そのために、まずは、次のコマンドを入力して、phpファイルの名前 を php.org に変えておきます。

③ シンボリックリンク作成コマンドを実行

次にPHPを、希望のPHPバージョンとつなげていきます。そのために、シンボリックリンクを作成します。

下記のように、シンボリックリンク作成のためのlnコマンドを途中まで入力して、tabキーをおします。

このようにするとシェルの補完機能が働いて、php8.0のうち、利用可能なバージョンがいくつか出てきます。

Junko
Junko

tabキーを一度押しても候補がでない場合には、何度か押してください。

一覧の中で、使いたいバージョンを指定して、コマンドの続きを入力します。

今回は、8.0というバージョンを指定して、続けて、/bin/php まで入力して最終的には下記のコマンドを実行します。

これで完了。

最後にphp -v を実行して、現在のPHPバージョンが変わっているか確認してください。

Junko
Junko

ls -la コマンドを打つと、シンボリックリンクと共に、ファイル一覧を確認できます。

エックスサーバーのサーバーパネルの設定も忘れずに

ここまで、エックスサーバーにSSHでアクセスしたときのPHPバージョンを上げる方法を説明しました。

次にエックスサーバーのサーバーパネルでの設定も行っていきましょう。

これは、ブラウザでLaravelで作ったWebアプリにアクセスした時に使われるPHPバージョンの変更となります。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン後、PHPVer.切替 をクリックします。

ご利用のドメインを選択し、PHPのバージョンを変更します。

以上となります。

なお、もしプロジェクトを本番環境に反映させる(デプロイ)場合には、今回のようなPHPバージョンの指定以外にも、色々と設定が必要になったりします。

このあたり、慣れないうちは、途方にくれる人もいると思います。

Junko
Junko

わたし自身も、最初のデプロイでは勝手が分からず、苦労しました。

そこで、はじめてLaravelのプロジェクトをデプロイする方向けに、講座を開講しました。

もしあなたがデプロイの壁にぶつかって悩んだら、こちら見てみてくださいね。

最初の10章までは無料でご覧になれます。

Laravelデプロイ講座について見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました