Laravelのnode.jsのインストールは本番環境では不要な理由

Laravelデプロイ

Laravel Mixに必要なnode.jsは開発環境にのみ入れておけば良いのですが、本番環境にインストールするように書かれたコンテンツも見かけます。

「node.jsって、本番で必要なのかな。」

と悩んじゃいませんか?

じゅんこ
じゅんこ

わたしも、最初、判断できませんでした。

同じように悩む方のために、お伝えします。

node.jsは本番環境では不要です。その理由は、次のとおりです。

Laravelのnode.jsのインストールは本番環境では不要な理由

LaravelでvueやReactを使うには、Laravel Mixが必要になります。

Laravel Mixによって、webpackを手軽に利用できます。

Laravel Mixを使うには、node.jsのインストールも含め、下記のステップが必要です。

 

  1. node.jsをインストール
  2. vueやReactなど、必要なフレームワークやライブラリを入れる。
  3. npm installを実施。2. に必要なものをインストールする。
  4. npm run devを実施。3. のファイルをコンパイルして、ブラウザで表示可能な形式にする。

 

開発環境で、4のコンパイルまでを実行します。

つまり、本番環境にはコンパイル済みのファイルをアップロードできるわけです。

ということは、本番環境にはnode.jsを入れなくてもOK

あえて入れる必要があるとすると、本番環境でコンパイルしたい場合とかでしょうか。

ただ、本番環境でのコンパイルは、おすすめできません。

もしトラブルが起こった場合を考えると、こわいですよね。

まずは開発環境でコンパイルの後に動作確認を行って、OKだったものを本番環境にデプロイすべきかな、と思います。

というわけで、あらためて、結論としては次のとおり。

【今回のまとめ】
node.jsは本番環境では不要。

なぜなら、本番環境でコンパイルする必要がないから。

じゅんこ
じゅんこ

スッキリしていただけたら嬉しいです。

Laravel Mixについては、こちらの記事でもっと分かりやすく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました