Laravel SailでphpMyAdminを使えるようにする方法を分かりやすく解説

Laravel Sailで環境構築!

今回はLaravel Sail環境にphpMyAdminを使えるようにします。

Laravel Sailは、デフォルトでMySQLが使えるようになっています。ただそのままでは、視覚的にテーブルを見たりすることができません。

不便なので、phpMyAdminを使えるようにして、ブラウザ上でデータベースを確認できるようにしておきます。

動画編もあります↓↓↓

Laravel Sailで開発環境を構築してみよう【Windows・Mac対応】後編 phpMyAmin、 VS Code設定、Laravel Breezeインストール

Laravel SailでphpMyAdminを使えるようにする方法を分かりやすく解説

① Laravel Sailをとめておく

まずはUbuntu上で ./vendor/bin/sail stop を実行し、起動しているLaravel Sailを止めておきます。

エイリアス設定を変更した場合には、 sail stop と入れます。

Junko
Junko

設定の変更方法は前回の記事を見てくださいね。

② docker-compose.ymlファイルを編集

次にプロジェクトの中のdocker-compose.ymlファイルを開きます。

ファイルの中に、50行目あたり、mysqlの設定の後に、phpMyAdmin用の設定を加えます。

(!バージョンや環境によって、行数は違う可能性があります)

③.envの編集

プロジェクトフォルダ内の.envファイルを開きます。データベースの設定を確認しておきます。

Junko
Junko

デフォルトで下記のようになっています。

DB_USERNAMEとDB_PASSWORDは、後でログインする時に必要な情報です。

④ブラウザでphpMyAdminを確認する

ファイルを保存後、再びUbuntuに戻り、 ./vendor/bin/sail up -d を実行して、Laravel Sailを起動します。

ブラウザで http://localhost:8080/ を表示すると、次のようにphpMyAdminが出てきます。

ユーザー名とパスワードをいれて、ログインしてみましょう。デフォルトでは、ユーザ名はsail, パスワードは passwordです。

エラー対策:MySQL サーバにログインできません と出る場合

sail downでsailをとめた後、.envファイルのDB_HOST=mysqlを DB_HOST=localhostに変更してください。その後、再度 ./vendor/bin/sail up -d でsailを起動してください。

さいごに

ここまででLaravel Sailを使った開発環境ができました。

なおユーザーインターフェースやエラーメッセージの日本語化や、時刻等の初期設定の変更など、行っておいた方が良い設定があります。

下記の記事の「Laravelの初期設定をする」を参考にすすめてください。

このあとの記事では、Laravel Breezeを使って認証機能(ユーザー登録、ログイン画面)をつけていきます。Laravel Viteの設定方法などもご紹介していきます。

Laravel Sailで環境構築! Laravel入門講座

【Laravelの教科書・プレゼント】

Junko
Laravelの使い方を覚えたい!と思ったら、ぜひ、役立ててほしいです。 基礎編は無料でプレゼント中です♪
ひつじプログラマ
会員制サイトをいちから作っていくよ。ボタンをクリックして詳細を見てね。
Laravelの教科書の詳細を見る

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

【無料プレゼント】

「LaravelでWebアプリをいちから作れるようになりたい!」

そんなLaravel初心者のあなたへ【Laravelの教科書】基礎編プレゼント中! 会員制フォーラムサイトを学習しながら作れます。

詳細はこちらをクリック

Laravel8版と、最新のLaravel9版、ふたつのテキストご用意してます♪

社内にWebアプリ開発経験がなくて、困ってませんか?

「自社でWebアプリ開発を始めていきたい」
という企業様のために、Laravelセミナー・プログラミング教育を実施しています。

【セミナー使用スライド】

詳細はこちらご覧ください

Twitter始めました。
40代からプログラミング!

コメント

タイトルとURLをコピーしました