WindowsでSTRIPEをテストするためにStripe Cliを設定する方法

Laravel上の決済機能

ローカル上でStripeのWebhookをテストするためには、Stripe Cliが必要になります。

この設定が、意外と面倒でした。

Windows環境で、Scoopを使わずに Stripe CliとWebhookを設定する手順を解説します。

WindowsでSTRIPEをテストするためにStripe CliとWebhookを設定する方法

①EXEファイルをダウンロード

まず、下記よりWindows用のexeファイルをダウンロードします。

ダウンロード&解凍したEXEファイルは、ローカル上に保存します。

②EXEファイルを実行

EXEファイルはダブルクリックして実行しようとすると、次のようなコマンドがでてきます。

This is a command line tool.
You need to open cmd.exe and run it from there.

どうやらコマンドツールからでなければ実行できない模様。

そこで、exeファイルを保存したフォルダ上で Windows PowerShellを起動させます。

Shiftキーを長押ししながら、右クリックをすると「PowerShellウィンドウをここで開く」メニューが表示されます。

クリックしてください。

③ Stripeにログイン

Windows PowerShell上で下記のコマンドを入力します。

すると、Paring Codeが表示されたのち、次のようにメッセージが出てきます。

This pairing code verifies your authentication with Stripe.
Press Enter to open the browser (^C to quit)

Enterキーを押すと、ブラウザ上にStripeからのアクセス許可のメッセージが表示されます。

「アクセス許可」をクリックしましょう。

すると、「完了」マークが表示されます。

無事に処理ができました。

Windows PowerShellには次のように表示されます。

Please note: this key will expire after 90 days, at which point you’ll need to re-authenticate.
「注意:キーは90日後に無効になるので、そのときに、再度、認証を行ってください。」

90日後にはもう一度設定しなおしが必要、ということですね。

じゅんこ
じゅんこ

忘れちゃいそう・・・

⑤ StripeにログインしてCLI KEYをチェック

これで処理が終わりました。

無事にStripe Cliが設定されているか、Stripeにログインしてチェックしてみます。

ログイン後、左側のサイドバーメニューより、開発者/APIをクリック。

下記のように CLI keyが設定されていればOK!

Stripe Cli の動かし方は、こちらの記事などが参考になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました