ローカルで HTTPS テスト環境を構築できるNGROKの使い方【Windows編】

Laravel上の決済機能

NGROKは、テスト用にローカルでHTTPS環境を構築できる無料ツール。

順調にいけば、10分程度で設定できちゃいます。

ただ私は、ちょっとトラップがあったりして手こずりました^^;

WindowsでNGROKをすぐ使えるようになる(はず)の設定方法を紹介しますね。

ローカルで HTTPS テスト環境を構築できるNGROKの使い方【Windows編】

①サインイン

まず、NGROKに登録します。

② NGROKにログイン

サインアップ後、ログインします。

NGROKにログインした直後に、【Connect your account】が表示されています。

コードをコピーしておきます。

③ NGROKをインストール

さらにNGROKログインページの上部に【Download for Windows】ボタンがあるのでクリック。

EXEファイルをダウンロードした後、解凍します。

ローカル上に保存しておいてください。

④Windows Powershell起動

スタートメニューからWindows Powershellを起動します。

PowerShell上で、NGROKをインストールしたフォルダまで移動をします。

あるいは、NGROKをインストールしたフォルダ上でSHIFTキーを押しながら右クリックを行うと、「PowerSherllウィンドウをここで開く」メニューがでてきます。

こっちの方法のほうが、便利かと思います。

なおcdコマンドの使い方が分からない方は、下記の記事を参考にしてくださいね。

じゅんこ
じゅんこ

よく使うので、知っておくと便利です。

補足

WindowsPowerShell以外のコマンドツールでもOKかもしれません。

ただ、わたしはGitBushなどで試したところ、うまくいきませんでした。

⑤ アカウントを接続

②でコピーしたコードを、PowerShellに貼り付けます。

【Authtoken saved to configuration file】と表示されます。

⑥ HTTP転送開始

次に、PowerShellに、下記コードを入力します。

画面が切り替わります。

セッションが開始され、URLが表示されます。

このURLを使って、テストを進めていきます。

うまくいかない場合、サインインした状態であれば、一度ログアウトして入りなおしてみてください。

さいごに

PowerShell上で ./ngrok help コマンドを入力するとヘルプも表示されます。

わたしはStripeとLaravelの連携をさせるために、今回の処理を行いました。

このあたりのことは他の記事で解説しているので、もしご興味あれば、関連記事も併せてお読みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました