Laravel・PHP トラブル対策

LaravelとVue連携

npm install後のhigh severity vulnerability / Prototype Pollutionの原因と解決法

npm installを行ったところ、【high severity vulnerability】というメッセージが表示。 どうやら【Prototype Pollution】の危険性があるとのことでした。 実際に解決した方法と、P...
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravel 簡単に存在確認ができるexistsメソッドの使い方

「もし値が存在すれば、こう」というif構文をいれたいとき、existsメソッドを使うと簡単にできます。 Blade.phpファイル上でも手軽に使えます。 通常の使い方と、リレーションをはってある時の使い方を解説していきます。 ...
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravel foreach処理の中でoptionタグにselectedを入れる方法

プルダウンメニューでforeach処理を行う場合に、optionタグにselectedを入れる方法を解説します。 edit時など、既に入力したデータを更新する場合に便利。 最初の入力値を選択した状態にしておけます。 Larav...
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravelのforeach処理で特定の値を除外する方法:@continueを使う

ビューファイル上のforeach処理で「これは除外したい」項目があったら、@ifの中で、@continueを使えばスキップできます。 @ifをいれず、@continue(条件式)でもOK。 「ある番号までは表示したい」という場合...
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravelで三項演算子を使う方法:optionタグ内で初期入力値をselectedにする

Laravelでも三項演算子を利用すると便利。 フォームedit時、プルダウンメニューの先頭に、最初の入力値を表示させたりもできます。 三項演算子の解説も含めて、方法を解説していきますね。 三項演算子とは 「三項演算子ってな...
2020.10.21
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

whereとgetで値を取ったら【does not exist on this collection instance】エラーが出る理由と対策

whereとget()を使ってデータベースから値を取得したときは【複数形】として扱わねばなりません。 たとえ「絶対に値は1個しか入っていないっ」という時にも^^; 解決法は次の2つです。 getではなくfirstを使う...
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Laravel ビューでforeachを使う時に条件により処理を変える方法【フラグ処理】

foreachの中で、値が見つかったらフラグを立てる処理を解説します。 フラグを設定すれば、【ON】【OFF】を切り替えられます。 ビューファイル上で、条件によって異なる処理を入れたい時などに非常に便利。 If文だけでは処...
2020.10.15
Laravel・PHP豆知識・トラブル対策

Invalid argument supplied for foreach() :Laravelエラー対策(リレーション時)

Laravelで、このforeachエラーが出たときには、foreachに使った変数があっているか要チェック! エラーの意味は、「foreach() に指定された引数が無効です。」 「いやいや、ちゃんと正しく指定しているよ!」 ...
2021.12.17
Laravelデータベース

Property ○○ does not exist on this collection instance の解決法

Laravelでこのエラーが出た原因は、コレクションを単体として扱ったから。 foreachなどを使って、要素をひとつずつ取り出して処理すると、解決できます。 たとえば、このようなコードをコントローラーに書いたとします。 ...
2020.11.17
LaravelとVue連携

Laravel8でVueを使う: インストール・ComponentとViewの連携

Laravel8にVueをインストールして使ってみました。 Bootstrapと共に併用しています。 インストールの方法、Viewファイルとの連携方法を紹介していきます。 Laravel8でVueを使う: インストールComp...
2021.03.29
タイトルとURLをコピーしました